発酵 酵素

発酵と酵素はどう違う?

最近酵素が入っているサプリメントや酵素を摂取出来る食べ物など何かと酵素が話題になっています。
酵素に似た言葉で発酵という言葉があります。
どちらも酵という字が使われていますが、発酵と酵素は別物になります。

 

 

ピーマン・パプリカ

 

 

発酵というのは発酵食品を考えてもらうと分かりやすいですが
発酵というのは菌などの微生物の働きにより食材が変化していく事で
菌により変化した食材の事を発酵食品と言います。
発酵食品の代表的なものとして納豆やしょうゆ、味噌などがあります。
パンや日本酒なども発酵食品になるんです。

 

 

パン・朝食

 

 

酵素というのは生の食材全てに含まれているものであり、
加工や加熱などをする事により少なくなると言われています。
以前は生野菜は体を冷やすという事が言われ、
温野菜が流行りましたが、酵素は野菜や果物など生の物に多く含まれているため、
生で摂取するという人が多くなってきています。

 

発酵食品の中にも酵素を多く含んでいる食品もあり、
納豆や味噌、漬物、キムチなどは酵素を多く含んでいると言われています。