食べ物 咀嚼

食べ物を咀嚼する事は大切

食べ物を食べる時、必ず歯で噛んで食べますよね。
食べ物を噛む行為を咀嚼と言いますが咀嚼は食べ物を食べる時にとても重要な行為になります。

 

 

咀嚼というのは単に食べ物を噛んで小さくするという風に思うかもしれませんが
食べ物を噛んで小さくするだけではなく、咀嚼をする事により
唾液が分泌されて食べ物と混ざり、消化吸収されやくしているんです。
よく噛んで食べるという事を小さいころから言われてよく噛んで食べている人がいますが
逆によく噛まないで食べ物を食べている人もいます。
よく噛んで食べ物を食べるとお腹で消化される際、
消化が良いですがよく噛まないで食べ物を食べると、消化に悪いだけではなく
消化器官に余計に負担を与えてしまうんです。
それにより、消化不良を起こしてしまう事もあります。

 

 

よく噛む事は消化吸収だけではなく、脳を刺激し、活発にする事もしています。
またよく噛んでゆっくり時間をかけて食事を楽しむ事により、ストレスも解消していけるんです。

 

 

食べる時ってとても楽しいですよね。
そんな楽しい時間をゆっくりと過ごすためにもよく噛む事を心がけていきましょう。