有機野菜 無農薬野菜 違い

有機野菜と無農薬野菜の違い

最近はオーガニックという言葉がいろいろな所で飛び交うようになり
化粧品やシャンプーなど様々なものでオーガニックな物がでてきました。

 

 

たくさんのトマト

 

 

オーガニックと言うのは有機栽培されたものと言う意味で、
化学合成された農薬や化学合成された肥料を使用せずに
土壌の持つ本来の力を生かして栽培をする農法の事をいいます。
日本ではオーガニック農産物に対して、しっかりとした登録認定機関があり、
認定された農家は生産したオーガニック農産物にオーガニックのJASマークを
つける事が出来るため、一目でオーガニック農産物と分かるようになっています。
有機野菜=オーガニック野菜なんです。

 

 

無農薬野菜というのは農薬を使用していない野菜ですが
農薬を全く使用していないわけではありません。
無農薬野菜は農薬ではない薬剤を使用し、害虫や病気から身を守っています。

 

 

しっかりと国で認定されている有機野菜はオーガニックのJASマークがついており、
安全性を確認する事が出来ます。
有機JASマーク

 

また、最近では有機野菜・無農薬野菜に関わらず、スーパーなどでは
生産者の顔が映っていたりし、安心感を持って野菜を購入する事ができます。

 

 

有機野菜も無農薬野菜も一度試してみて、体に合いそうなら
使っていってもよいかもしれませんね。