野菜ジュース グリーンスムージー

野菜ジュースとグリーンスムージーの違い

朝、野菜ジュースを飲む人が多くなってきています。
生野菜をジューサーやミキサーなどでジュースにして、新鮮なまま飲む方法があります、
そういったジュースには野菜ジュースと言われるフレッシュジュースと
ほうれん草などを入れているグリーンスムージーがあります。

 

 

野菜ジュースとグリーンスムージーはどう違うのでしょうか?

 

 

野菜ジュースとは?

野菜ジュースとはそのままの意味で野菜を使用したジュースになります。
そのため、大きなくくりをすればグリーンスムージーも野菜ジュースという事になります。
ただ、最近はフレッシュ野菜ジュースと言われているものも出てきています。
フレッシュ野菜ジュースというのは、低速ジューサーで野菜を絞り、
野菜のエキスだけで作ったジュースになります。
そのため、フレッシュ野菜ジュースには水は入っていません。
低速ジューサーで野菜を絞ると野菜のエキスと野菜の搾りかすに分けられます。

 

市販で売られている野菜ジュースは加熱処理をしているため、
生の野菜の栄養を摂取する事は出来ません。1日分の野菜が摂れると書いてありますが
加熱などの処理で野菜の栄養は損なわれてしまっているんです。
しかし、それでは1日分の野菜の栄養が摂れない、ということで加熱により損なわれている
栄養については、栄養成分を意図的に追加して1日分の野菜の栄養に近づけているんです。

 

 

グリーンスムージーとは?

グリーンスムージーは野菜のみではなく水を使用して野菜を飲み物にします。
グリーンスムージーを作る際、どういった素材が必要になるのかというと
野菜と果物と水になります。ただし、水は極力少なめに。
この3つをジューサーまたはミキサーに入れてグリーンスムージーを作ります。
水が少ない為、どちらかというとドロっとした飲み物になります。

 

一番体自身が栄養を採り入れ易い形は野菜そのものから摂る形になるため、
家で作る野菜ジュースやグリーンスムージーが流行っているんです。